「やひこ開運だしカレー with魔法の粉」開発秘話 vol.1/20201201


大正5年、大火の被害を受けた彌彦神社の再建と共に越後鉄道弥彦支線(現 JR弥彦線)が開業しました。
そして大正9年、開運だしカレー開発のきっかけの1つとなった伝説のお店が弥彦温泉で開業しました。

それが・・・

イタリア軒弥彦支店!!

【写真】弥彦村史より抜粋


そうです!
新潟市古町にある老舗のあのイタリア軒さんです。
当初は弥彦遊園内(現 弥彦公園)にイタリア軒弥彦支店で洋食中心の西洋館を、のちに和食を提供する日本館をオープンされました。この事からもわかるように古くから弥彦村には洋食の文化がありました。
提供されたメニュー中にはなんと!カレーも含まれておりました。今では成沢商店さんのカレー豆をはじめ、三笠屋さんのカレー団子、松の屋さんのカレーライス、中山屋さんのカレー味鳥の半身揚げとカレー味のフードがたくさん存在いたします。

弥彦には昔からカレー食文化があったのです!!!

つづく・・・(笑)

次回vol.2は、
「古町のイタリア軒さんに突撃!」の巻


CategoryPickup