弥彦で串焼き片手に寺泊魚のアメ横気分!


弥彦の近くに人気の観光スポット寺泊魚の市場通り、魚のアメ横があり、
そこでついついみんなが買ってしまうのが店先に売っている魚介の串焼き通称浜焼きです。

その串焼きが弥彦村のこの春オープンした新しい観光スポット『おもてなし広場』のフードコートつまどにある『なごみや』さんでいただくことが出来ます!

浜まで行かなくても、弥彦神社を参拝した帰りに浜焼き!
でもなぜ浜焼き?
実はこちらのお店は和菓子で有名な寺泊魚の市場通りにお店を構える
創業明治30年の老舗菓子店『お菓子処 新潟 さかたや』さんが営む外食部門のお店なのです。
こちらに出店が決まった時に寺泊で人気の浜焼きの『食べ歩き』を
フードコートでも手軽にできたらということで串焼きに決まったそう。
また、フジロックや県内外のイベント出店の実績もあり、その美味しさはすでにお墨付き。

休みの日には250本以上売り上げるという数々あるメニューの中から人気のメニューを尋ねると、
熟成豚串500円と特上牛串700円が同率1位、
2位はやっぱり根強い人気いかの浜焼き550円、3位はつぶ貝の浜焼き450円。

さ〜て、何を頼もうか迷っていると、
店主の坂田さんがすすめてくださったのが、熟成豚串。
特にこだわって選ばれたというその豚は新潟県長岡市のブランド豚「越後長岡ポーク」。
こちらの豚は日本ではあまり飼育されていない「ニューシャム豚」というアスリート体型の豚で
新潟米のコシヒカリを中心とした穀物肥育&ノンストレスのキレイな牧場で愛情込めて育てられており、
肉質やわらか、脂身が甘くて香りが良いのが特徴だそう。

これは食べてみたい!ということで熟成豚串500円、いかの浜焼き550円、ほたて貝の浜焼き500円をオーダー。

美味しい豚肉を弥彦酒造の特別本醸造の酒粕と越後みそをあわせたものに一晩つけ込むことで、肉質はさらにやわらかく、ぎゅっと深みのある味に仕上げている

オーダーが入るとスタッフさんが一本一本タレをつけながら丁寧に焼き上げてくれます。お待ちかねの熟成豚串は期待以上のやわらかさで味も酒粕と味噌の風味の後に甘い脂身の味と香りがたまりません

そして不動の人気いかとほたての浜焼きは気分は魚のアメ横!という感じでどことなく懐かしい味はまさに串焼きの王道

地元の弥彦酒造のお酒「こしのはくせつ」480円や
地ビール「エチゴビール」の生ビール2種各500円が
揃っているのもうれしいですね。
こちらで、隠れた人気はやっぱり和菓子だそう。

中皮白あん、黒あん各120円をはじめ味噌饅頭120円は一日で140個以上売れることもある人気ぶり

暑い日はラムネ200円、コーヒーフロート350円やメロンソーダフロート350円が特に出るそう。
夏はかき氷や白玉あんこが出る予定だそうなのでこちらも楽しみですね!

《おもてなし広場・フードコート なごみや》
住  所 〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1121(弥彦公園の向かい)
電  話 0256-94-1025(弥彦村役場 観光商工課)
営業時間 10:00~16:00
定 休 日 無休
アクセス JR弥彦駅から徒歩約3分