弥彦から春をお届けします!


寒さ暑さも彼岸までといいますが、弥彦山に早春の訪れを告げる花「雪割草」が咲き始めました。
「新潟県の草花」でもある雪割草は別名「春の妖精」と呼ばれ、自生地は新潟県を中心とする日本海側にあります。

雪の合間から「春の妖精」達が顔を出し始め、そんな健気な姿に「小さな春」を感じます。例年、見頃は3月下旬~4月上旬なのですが、今年は積雪が多かったので、表参道からの入山はまだできないようです。今年は4月に入ってからになりそうですね。

そして、4月上旬からはみなさまお待ちかねの弥彦の『ソメイヨシノ』が楽しめます♪

弥彦の桜は、4月上旬から『ソメイヨシノ』に始まり、『ヤエザクラ』が盛りとなる連休前まで種々の桜を楽しめることで知られています。弥彦の桜スポットでオススメは弥彦駅近くの弥彦公園や弥彦駅前通り、弥彦神社など弥彦エリアだけでも『ソメイヨシノ』が咲くタイミングが異なるので、長い間楽しめます。

お花見で一番ポピュラーな場所としては「弥彦公園」です。トンネルなどの景観が美しい約4万坪にも及ぶ広さを誇る公園で桜の名所として親しまれています

そして、MINOYAでもお料理から春を感じて頂けるように春の旬素材を使用した春季限定の会席料理で皆様をお迎えしています。
春の食材をふんだんに用いたプランは全部で3つ。いずれも料理長が厳選した食材をお楽しみいただけます。

その1■ちょっと贅沢に春を味わえる『プレミアム◎春の佐渡会席プラン』は、MINOYA名物の「あわびの奉書焼き」や「のど黒塩焼き」をはじめ、春の味覚の山菜などを贅沢に使った、海幸山幸をご堪能頂けます!

大切なご友人やご家族の方と美味しいお料理と温泉そして思い出に残る1日にしたいとお考えの方にオススメです!みのや名物のあわびの奉書焼きは、あわびの肝醤油でお召し上がりいただきます。身の旨味と食感、そして肝のコクが絶妙!濃厚な脂が美味しいのど黒の塩焼きには、蕗味噌を。春らしい苦身が引き締め役になり、お酒も進む一品です

その2■メイン料理を選べるのが嬉しい『春のお料理堪能プラン』がオススメです!「みのや名物のあわびの奉書焼き」「のど黒塩焼き」「和牛肉鉄板焼き」3種類の中からメイン料理をお選び頂き、プラス他8品の会席料理をご堪能頂けるというスペシャルプラン。

仲良しのご友人とご家族とワンランク上のお料理と温泉を楽しみに行きたいとお考えの方に是非!
ご夕食は、春の海の幸・山の幸をふんだんに使った全9品をご用意。お好きなメイン料理を選べるというのもこちらのプランの醍醐味です

その3■お気軽に旬を楽しむなら『リーズナブル☆越後会席プラン』。南蛮海老のお造りや鰆の木の芽焼き、蟹すきの小鍋、越後牛肉とハーブのサラダ、新玉ねぎのオニオングラタンスープなどを揃えました。

バランスよく春の美味を味わことができ、新玉ねぎを使ったオニオングラタンスープは玉ねぎ本来の甘みが楽しめる人気の一品。また、越後牛肉のハーブサラダで使用されている越後牛は「新潟の豊かな気候、風土を最大限に生かした食材を地元のグルメ食材として届けたい」というコンセプトの元作られているので、大変味わい深いお肉です。MINOYAの春の味覚を存分にご堪能頂けます。

春を感じる旅を弥彦からスタートしてみませんか?