わっぱの木の香りと地魚の組合せが食欲をそそります!


弥彦駅からほど近い、ひときは目を引く民芸調の建物
それが『割烹・お食事処 やまぼうし』です。
おすすめは『わっぱ飯』とのこと…
いったいどんなものなのかと店主に尋ねたことろ詳しく教えていただきました。

やまぼうしオススメ★のど黒わっぱ飯2,400円(税別) 提供期間:10月下旬~2月下旬

その種類はさけ、かに、いくら、かきが入った超豪華な海鮮わっぱ2,000円からたいわっぱ1.300円やさけわっぱ800円などがありますがこれからのおすすめは限定ののどぐろわっぱ2,400円。

のどぐろと言えばその美味しさと希少性から高級魚として名が知られ、特に新潟産は脂がのって身がふっくらしているのが特長です。
仕入れにもこだわり、やひこからもほど近い寺泊魚港や出雲崎魚港で水揚げされたのどぐろだけを使い10月下旬~2月下旬までの限定で提供されています。

店主にのどぐろわっぱ飯のこだわりをお聞きしました。おだしをこぶとかつおでとり、のど黒は塩、酒で下味をつけて皮目を焼く。その後わっぱの入れ物に入れ檜の香りをつけてアツアツを提供。
のど黒の上品な脂がでてきて美味しくいただけます。写真は弥彦山のミツ葉を使用、季節によりえごま、セリになることも。

弥彦駅下車徒歩2分、当館から徒歩5分。

とにかくこの美味しさは一度は味わっていただきたい!
ランチでも提供されているので、弥彦に行った際はぜひ食してみてください。

《割烹・お食事処 やまぼうし》
住  所 〒959-0300 新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦1041-9
電  話 0256-94-2470
営業時間 11:30~14:00、17:00~22:00
定 休 日 火曜日(営業の場合もありお電話ください)