創業1903年老舗果物店5代目社長が手掛ける贅沢フルーツサンド


11月1日より彌彦神社境内において『弥彦菊まつり』が開催しました!全国でも有数の菊花の質と出品数で連日多くの方が訪れております。

色とりどりの3万本にも及ぶ挿芽小菊によって作り上げられた大風景花壇。今年のテーマは『佐渡島』!大佐渡、小佐渡、そして背景に朱鷺が描かれております。



また、弥彦公園もみじ谷では観月橋周辺で紅葉の見頃を迎えました。全体的には、まだ少し緑色が残っており色づき7分程度といったところですが、紅・黄を加えた3色のグラデーションがとても綺麗です。(弥彦観光協会HPより一部引用)今週、来週あたりが狙い目ですね!

今日は今話題になっている老舗果物店が作るフルーツサンド。

新潟県三条市、歴史ある商店街の一角にある『カネギフルーツ』さんをご紹介します。

外から見ると普通の果物やさんという感じですが、中に一歩入ると普段見かけないような高級フルーツがところせましと並んでいます


さらに奥に進むと冷蔵ケースの中にお目当てのフルーツサンドが!


いつも10:30から常時50種類以上のフルーツサンドが並ぶそうですが、
訪れた平日の3時過ぎには数種類が残る程度。

人気の高さが伺えます。

カネギフルーツ代表信賀(しんが)さんにお話をお聞きしました。
信賀さんは創業1903年120年近く続くカネギフルーツの5代目。
何とあの東京の千疋屋で修行されたのだそうです。
そこで学ばれたことがこのフルーツサンドに活かされてているのだとか。
使用するパンは三条市内の厳選した5店舗のパンを食べ比べ、一番合うものを限界の薄さにスライス。
クリームもフルーツの味を引き立てるよう特別に仕上げてあるそう。

実際に私も買って自宅でいただいたのですが、果物の味が一番に感じられるフルーツサンドです!
薄くて柔らかい食パンに少し固めのちょっぴり懐かしいクリームがフルーツの味をさらに引き立ててくれます。

フルーツサンドの他にクレープや金土日限定のロールケーキ、
事前予約でフルーツをふんだんに使ったショートケーキやホールケーキも購入可能だそうです。
毎年クリスマスケーキを予約する方いわく、フルーツ好きにはたまらない見たこともない大きな苺がのっかったフルーツメインのケーキだそうです!

また最近では信賀さんのもとに全国の生産者さんから直接フルーツの売り込みがあるのだそう。
これからもますます美味しいフルーツに出会えそうな『カネギフルーツ』さんでした。

今度の休日に、フルーツサンドをテイクアウトして、もみじ谷の紅葉を愛でに秋の弥彦に出かけてみませんか?

※売り切れ必至の人気フルーツサンドですので、事前のご予約をおすすめします。
インスタグラム、フェイスブック、電話、ファックスで受付可能。

<越後一宮 彌彦神社 令和3年 菊まつりに関するおしらせ>

《 カネギフルーツ 》
住  所 〒955-0061 新潟県 三条市林町1-3-23
電  話 0256-32-0772
FAX 0256-32-0792
営業時間 9:30~19:00
定 休 日 水曜日・元旦
駐車場 6台有り
アクセス JR北三条駅からタクシーのご利用で約4分
     JR燕三条駅からタクシーのご利用で約14分
     車で三条・燕インターより約14分
     車で四季の宿みのやより約34分
ホームページ http://kanegi-fruits.com/#main
メール kanegi.fruits@gmail.com
フェイスブック『カネギjoyfruジョイフル』
インスタグラム『kanegi.fruits』


CategoryPickup