弥彦山を望む丘に広がる『石川ぶどう園』でぶどう狩り体験しませんか?


秋もだんだんと深まって、
みのやでもおいしい秋の食材がテーブルの上を彩っています。

<秋の弥彦ごっつぉプラン~YAHIKO~>のど黒のしゃぶしゃぶをMINOYAの自家製ポン酢と合わせてさっぱりと味わって頂けます!黒毛和牛は茸とパプリカ、南蛮味噌と一緒に奉書焼きでどうぞ

弥彦村の大鳥居の近くに、ぶどう狩りが出来る観光農園『石川ぶどう園』があります。

看板に誘われて坂道を登っていくと『丘の上のぶどう園』と書かれた建物が現れます

中に入ると、ブドウ園の主人である陽気なお父さんが
ぶどうの試食をすすめてくれながらお話を聞かせてくださいました。

毎年8月10日から10月10日までぶどう狩りが楽しめます。
巨峰にはじまり、アキクイーンやロザリオビアンコそしてシャインマスカットなど6種類ほど作られているのだそう。
いくつか試食させていただくと、どれも特徴があって甘くて美味しいブドウではないですか!
そして、一番気になった『シャインマスカット』のぶどう狩り体験をお願いしました。

早速ぶどう畑に移動。
お父さんに袋を開いてもらい、アドバイスをもらいながら、おすすめのシャインマスカットをいくつか収穫。
すごい大きなつぶのシャインマスカットは見ているだけでよだれが・・・

この一番大きなずっしりとしたシャインマスカットは1,400円ほど

その時の出来具合で金額はかわるそうですが、
とても得した気分!

自宅でいただいたのですが、とっても甘くて今までいただいた中で一番美味しかったです!
家族も大満足でした。

こちらのぶどう、一度体験した方は毎年発送の注文が来るそうで、体験と発送、直売のみで市場に出ることはないのだそう。
確かに一度いただくとこの美味しさは忘れられません。

こちらの農園はお父さんが40年以上前に県内のぶどう産地で1年住み込みで研修に行き、弥彦村に戻った後、
丘の林を切り開いてこちらのブドウ園を開かれました。
家族といるよりもこの農園でぶどうと過ごしているほうが長いんだと楽しそうに話されていて、
本当にぶどう作りが大好きなのが伝わってきます。

ぶどう狩りのシーズン中は予約なしで、随時体験可能です。
ぜひ弥彦村にいらしたら、弥彦山の前に広がる丘の上の『石川ぶどう園』さんでお父さんの楽しいお話を
聞きながらぶどう狩り体験してくださいね。

《石川ぶどう農園 》
住  所 〒959-0311 新潟県西蒲原郡弥彦村大字井田3345
電  話 0256-94-2875
営業時間 9:00~17:00 ※日暮れまで
定 休 日 不定休 ※ぶどう狩り期間中(8月10日〜10月10日)は休まず営業しております
駐 車 場 あり
アクセス JR弥彦駅からタクシーのご利用で約5分
     弥彦線JR矢作駅から徒歩約11分
     車で三条・燕ICより約23分


CategoryPickup