産直マルシェ・デリ・カフェ・農業体験もできる『そら野テラス』


みのやから車で約20分くらい走ると、
弥彦村のおとなり新潟市西蒲区に『そら野テラス』はあります。

こちらは、地元の野菜が集まるマルシェや、その食材を使ったデリやカフェ、さらに農園が併設され、その農園で農業体験も出来る盛りだくさんの施設

そら野テラスのマルシェ店長藤田さんにお話をお聞きしました。現社長である藤田さんのお父様が地元農家さんと設立した農業生産法人が地元のお米や農作物を売る直売所として平成13年にオープンした『越後川西あぐりの里』が前身でその後2016年に『そら野テラス』をオープン

農業をおもしろく見せたかったと言われるだけあってこの施設はただの農産物直売所とは一線を画しています。

建物もステキですが、農産物の陳列の仕方もまるでフランスの本場マルシェのように、朝採りの新鮮な野菜達が木の箱におしゃれに並べられていてわくわくさせてくれます

客層も見ていると若い方が多く、ファミリー層にも人気なのだそう。

野菜だけでなくいろいろな品種のお米の玄米が箱に入れられ、精米コーナーで希望の品種を好みの量と精米方法でその場ですりたてを渡してもらえるのです。精米スタッフの女性の方がお米の30キロ袋を軽々運んでいるのにはびっくりさせられました!

直売のたくさんある野菜の中からプチトマトの試食をいただくと、これがトマトなの!?というくらいの甘さに驚かされ、とにかく買わずにはいられないトマトなのです

一番人気はやはり地元のブランド苺『越後姫』。3月から6月中旬まで楽しめます。
これからの季節はとうもろこし、ブルーベリー、すいか、いちじくと人気の野菜や果物が目白押しです。

マルシェの一角には『そら野デリカ』というマルシェの食材を使ったデリカコーナーがあり、
お惣菜から米粉を使ったロールケーキやシフォンケーキなどのスイーツまでが揃います。

『米屋のおにぎり』の看板にひかれおにぎりを注文。ししとう味噌130円(税別)とシンプルに塩110円(税別)、おみそ汁100円(税別)

注文してから店員さんがあつあつのごはんをやさしく目の前でにぎってくれます。
出来上がったおにぎりとお味噌汁を外のお庭を眺めながらイートインスペースでいただきました。
絶妙な握り加減でにぎられたおにぎりは口に入れるとお米のおいしさが口一杯に広がります!
『そら野テラス』さんで心もお腹も満たされました!

次回はカフェと農業体験とお庭をご紹介致します!

《そら野テラス》
住  所 〒959-0438 新潟県新潟市西蒲区下山1320-1
電  話 0256-88-4411(マルシェ・デリカ)
営業時間 マルシェ 9:00~19:00 デリカ 9:00~16:00
定 休 日 火曜
アクセス JR弥彦駅からタクシーのご利用で約21分
     車で巻潟東インターより約15分
ホームページ http://sola-terra.jp/


CategoryPickup