弥彦山ロープウェイで空中レトロ散歩&パノラマタワーからの日本海と佐渡島一望の絶景を愉しもう


「弥彦神社に行くことはあっても、ロープウェイは乗ったことないなー」というあなた、
もったいない!
ぜひ一度『弥彦山ロープウェイ』に乗ってみてください。

弥彦神社の駐車場近くに無料シャトルバス乗り場がありますので、そこから弥彦山ロープウェイさんろく駅まで行くことができます。おかげさまで開業60周年の看板に迎えられ、駅まで到着

駅の前では女性のガイドさんがこれから出発しますと笑顔で声をかけてくれています

大人往復券1,400円を買って、いざ乗車場に行くと、緑のかわいい車体『うみひこ号』が待っていました。
乗車後まもなく発車。

この日は弥彦山の新緑の中に紫色の山藤がきれいに咲き誇っていました。

ガイドさんの説明を聞きながら上っていくと田植え時期の水を張った田んぼが広がる越後平野が見渡せました

当日はあいにくの曇りで山頂駅に着くとすっかり雲の中。
晴れたら見られるという日本海と佐渡島は残念ながら見られませんでした。

気をとりなおして、展望レストランへ。
一番気になった、「日本海夕日らーめん(塩味)」890円税込と
ソフトクリーム使用の「ツリーパフェ」650円税込を注文。

「日本海夕日らーめん」の味はあっさりとした塩らーめんでさっぱり。
レモンやバターを入れたり、おせんべいをスープにひたしたりして、
最後まで美味しくいただけます。

「日本海夕日らーめん」は夕日をイメージしたというおせんべいがインパクト大の盛りだくさんらーめん!卵でできた弥彦の玉兎ちゃんまでのっています

デザートは人気ナンバーワン「ツリーパフェ」。
弥彦の標高とスカイツリーの高さが偶然にも同じ634メートル。
それにちなんだ背の高いスカイツリーを模したパフェはびっくりの高さです。

味はソフトクリームが滑らかで美味。目にも美しいフルーツや、コーンフレーク、最後のフルーツポンチまで、よく考えられていてあっという間に完食

そして、今度はクライミングカーに乗って、さらに上にあがります。
クライミングカーは大人往復650円、パノラマタワーは大人往復380円。
お得なセット券は大人960円もあり。

展望室が360度回転しながら昇降する「パノラマタワー」。座っているだけで、広大な越後平野から佐渡島の浮かぶ日本海までを一望することができるんです。※写真は晴天の日の画像を借用。写真提供/弥彦山ロープウェイ

1階は売店とスナックコーナー、2階は展望大食堂、3階は展望台になっています。
売店の一番人気は『新潟限定越後のあわ雪ミルクショコラ味』540円税込。
試食をいただくと口の中であっという間にとけてしまう感じがまさにあわ雪。
スナックコーナーでは『大好評!弥彦名物みそこんやく』140円税込を注文。

こだわりの甘〜い味噌だれがこんにゃくにからんで、店員さんイチオシもうなずけます

また弥彦山頂には彌彦神社の御祭神である伊夜日子大神(天香山命)と
妻戸大神(熟穂屋姫命)をお祀りしている、彌彦神社御神廟奥宮があり、
人気のパワースポットとなっています。

訪れた当日はあいにくの曇りでしたが、晴れた日には360度見渡せる大パノラマや、
桜や新緑、野の花々やあじさい、紅葉や雪景色など年間を通じて楽しませてくれます。
夏期は営業時間を延長した『夕日・夜景&星空クルーズ』も開催されています。
ぜひ、弥彦山ロープウェイの空中レトロ散歩&パノラマタワーからの眺望をお愉しみ頂ければと思います。

『夕日 夜景&星空クルーズ』の詳しい開催日程は弥彦山ロープウェイ ツイッターでご確認ください。

《弥彦山ロープウェイ》
住  所 〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
電  話 0256-94-4141
営業時間 4月~11月は8:40~17:30、冬期間 12月~3月上旬は9:00~16:30
定 休 日 不定休 メンテナンス運休日など詳しくはホームページをご参照ください
アクセス JR弥彦駅より徒歩で20分
     彌彦神社周辺駐車場より徒歩10分
ホームページ https://www.hotel-juraku.co.jp/yahiko/index.htm
ツイッター https://twitter.com/yahikoropeway