里山にたたずむ本格的スリランカカレー


弥彦から岩室方面に向かう道の途中に、『すりらんかかれー えいじま』の誘導看板があり、
看板の指示通り、山手に少し細い道路を入って行くとお店に到着。

立派な門にかかった白いのれんをくぐり中へ

中には素敵なお庭が広がり石畳を歩いてこれまた豪邸?料亭?という感じの
立派な日本家屋といった雰囲気の建物があり
玄関に入るとカレーのスパイシなーな香りがただよっています。

左手には広い畳の和室のお部屋と右手にはフローリングのお部屋があり、どちらもイスとテーブルのお席がセットされています

右側のフローリングのお部屋に通されメニューの中から、数量限定のスペシャルセット
(サラダ、スープ、ドリンク、ケーキ)1,500円税込をオーダー。

カレーはチキンかシーフードが選べるのでチキンをチョイス、ドリンクはセイロンティーをお願いしました

窓の外に見える手入れの行き届いたお庭を眺めながらはじめていただくスリランカカレーを
待っているとカレーが運ばれて来ました!

家庭のカレーとは違う、スープのようなチキンカレーの中に、ターメリックライス、ジャガイモとキャベツのツナカレー、レンズ豆カレー、だいこんのスパイスいため、あつあげのスパイスあえがのっかっています

さっそく、チキンカレーからいただくと、とってもスパイシーで今まで食べたことがない味のカレー。
これがスリランカカレーなのか!と感動しつつ、
思ったよりも辛くなく、どんどんスプーンがすすみ何かとってもくせになる美味しさです。
それぞれいただいたあと、おすすめどおり、混ぜてから食べてみると、これまた味が変わって美味しくいただけました。

デザートのさつまいもケーキも砂糖の甘さではなくさつまいもの甘さと風味が前に出ていて、
はじめて食べる素朴なおいしさ。
スリランカ産だというセイロンティーともぴったりでした。

スタッフの女性の方になぜ里山でスリランカカレーなんですか?とお聞きしたら、
女性のお母様が弥彦に近い吉田で、
スリランカ人のサンディアさんが教えてくださるスリランカカレー教室に通っていて、
すっかりスパイスの魅力の虜に!
ご家族もスパイス好きということもあり、
2年前の秋この『すりらんかかれー えいじま』をオープンすることになったのだそう。

気になるこの立派な建物ですが、
里山暮らしに憧れていたお父様が移住候補をいろいろ見た中から一目見て気に入った
こちらに6年前、新潟の西区からご家族で移住。

前は会社の研修施設だったということで広い造りになっていますが、すっかり放置され、庭は腰丈ほどの草でうまってしまっていたそうです。お父様が荒れ庭に一から手をかけて今の素敵なお庭に

いずれ何かお店を開きたいと思っていたところに、お母様が習ってくる本場スリランカ
カレーの魅力に家族ではまってしまい、スリランカカレー屋さんに決まったそうです。
調理師で居酒屋の厨房にいたお兄様とお母様でキッチンを、ホールを娘さんが担当。
お父様はお庭の手入れと敷地内の荒れ地だったところを畑にされ野菜作りをされています。
お米や野菜は全て地元のものを使っているのもうれしいですね。

実はデザートのさつまいもケーキも、
家族のお祝いの時に必ずお母様が作ってくれていた思い出のケーキなのだそう。
里山でいただくスリランカカレーはご家族で営む素敵なカレー屋さんでした。

《すりらんかかれー えいじま》
住  所 〒953-0141 新潟県新潟市西蒲区石瀬3402
電  話 0256-78-8266
営業時間 10:00~17:00
    (ラストオーダー16:30)
定 休 日 水曜(他不定休あり)
アクセス JR弥彦駅からタクシーのご利用で約6分 車で巻潟東インターより約22分