新潟の旬をいただく夏のおすすめお料理プラン


弥彦ではホタルが飛び交う季節となりました。

ホタルが生息できるということは、きれいな水が弥彦山から湧き出ているということですね!

その水は弥彦の土地や海に流れて多くの恵をもたらしてくれています。
美味しいお米をはじめとする野菜や山菜、日本海の幸として。

そんな弥彦の恵を存分に味わえる夏のおすすめお料理プランはいかがでしょうか。

〜 お献立 一例 〜

乾杯酒:MINOYAオリジナル梅酒
旬 菜:筍木の芽焼き他、盛り合わせ 
お造り:南蛮海老、はまち、鯛、ずわい蟹
    あしらい一式
焼 肴:のど黒の塩焼き、菊蕪、蕗味噌
おしのぎ:握り寿司
鍋 物:越後牛肉 しゃぶ うどん
    新若芽 薬味
    自家ポン酢&胡麻だれ
箸休め:新玉ねぎのオニオングラタンスープ
進め肴:鮑の奉書焼き 肝醤油
揚げ物:ずわい蟹 山菜の天婦羅
    薬味 美味出汁
食 事:地元 麓のこしひかり米 南蛮味噌
    香の物 味噌汁
デザート:コンポート

夏期限定!あわびの奉書焼き&肝醤油・のど黒焼き他料理長が厳選した食材を愉しめる『プレミアム☆佐渡会席プラン』11品

新潟の旬の食材をあますことなく入れこんだぜいたくプランになっています。

『鮑(あわび)の奉書焼き 肝醤油』は
日本海の荒波に鍛えられ、身が肉厚に育った極上あわびを奉書(ほうしょ)紙という
厚手の和紙で包み蒸し焼きにし、あわびの肝と醤油を混ぜ合わせた肝醤油をつけて
お召し上がりいただきます。

奉書焼きならではのあわびの香りがしっかりと閉じ込められ独特の歯ごたえと噛むたびにあふれ出てくる旨味、そして、肝醤油のコクがあいまって何とも贅沢な一品

一年じゅう脂がのり美味しくいただける「のど黒」ですが、一般的にのど黒の旬は秋から冬と言われています。

ですが、ここ新潟では産卵期の夏から秋が旬とされ、産卵をひかえ脂肪をたっぷりと蓄えられ
もっとも脂がのっている美味しい時期なのです。

ぱりぱりっと香ばしく焼き上がった皮目にひとたび箸をいれると脂が流れ出て、
やわらかい極上の身が姿を表します。
その身をひとたび口にほおばると、上品な脂の風味が口いっぱいいに広がります。
ぜひこの味と香りをご堪能ください。

『のど黒の塩焼き』は脂がのったふっくらとした身が絶品

夏の日の一日、
日に日に緑が深まっていく弥彦山と弥彦神社を巡りつつ、ここみのやで新潟ならではの
美味しい夏の旬の食材に舌鼓を打ってください。