本場の讃岐うどんが弥彦で気軽にいただけます!


昨年のやひこ村便りに書いた『弥彦牡丹園』も見頃を迎える季節になりました。
『やひこ村便り』http://www.minoya.net/20170510-2/

弥彦村に新しい観光スポット『おもてなし広場』が2018年3月30日にオープンしました!
その中のフードコートつまどに、本格的讃岐うどんが食べられる『うさぎ家』があります。

なぜ?香川県の本場讃岐うどんが弥彦に?
この疑問、お店の方に聞いてみました。

新潟県弥彦村と香川県琴平町は昭和51年に姉妹親善友好都市を締結し、
現在に至るまで交流が続いているのです。
その長い交流の中で讃岐うどんを教わり、
今回『本場讃岐うどん うさぎ家』としてオープンしたそうです。

フードコートつまど内に本格的讃岐うどんが食べられる『うさぎ家』があります

弥彦で気軽に讃岐うどんが食べられるなんて!
わくわくしながら『かけうどん』450円と『あごめし』280円の食券を買って注文。

テーブルで待っていると、
うどんのダシが新潟県粟島産の『焼きあご』を使っていますという説明が。
実はこれも弥彦村と粟島浦村の間に長い交流の歴史があり、
お互いのお祭りを行き来するなど友好関係が続いていることから、
希少なお魚を使った『あごだし』に決定したそう。
弥彦を介して最高のうどんとだしが出会ってしまったのですね〜。
などと思いをめぐらせていると、出来上がって来ました!

つやつやの讃岐うどんをさっそくいただくと、もっちもちの歯応えにしっかりしたコシとのどごし。そして香りの良いあっさりとしたあごダシもあいまって、至福のおいしさです

そして、あごめしは『あごだし』が贅沢に使ってあり、こちらも美味。
つぶつぶした歯ごたえは何だろう、と思ったら、
だしと一緒に粉砕した焼きあごがまるまる入っているのだそう。

カルシウムもとれて健康にも良さそうです

そして、最後はスタッフおすすめの食べ方、
うどんの汁にあご飯を入れて、さらっと。

おすすめ通り『二度美味しい』いえいえ、うどんとあごめしと、だしかけあごめしで三度美味しくいただけました

現在、弥彦村では2018年5月31日まで『おもてなし広場』オープン記念スタンプラリーが開催中。
弥彦村内の飲食店・お土産店・旅館などの施設を利用してスタンプを3つゲットすると応募券になります。

素敵なプレゼントが抽選で当たりますのでぜひチャレンジしてみてください

スタンプラリー詳細ホームページ
https://www.e-yahiko.com/notice/20180330stamp-rally.html

《おもてなし広場・フードコート うさぎ家》
住  所 〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1121(弥彦公園の向かい)
電  話 0256-94-3154(弥彦観光協会)
営業時間 10:00~16:00
定 休 日 無休
アクセス JR弥彦駅から徒歩約3分