燕三条エリアのものづくりに触れることができる駅


燕三条エリアといえば、
その金属加工技術の高さで今や国内外で知られた存在です。

でも、実際にその商品てどこで見られるの?
工場を探して直売所まで行かないと見られないのでは?

いえいえ、JR燕三条駅の駅構内、新幹線の改札口を出てすぐのところ、
『燕三条Wing』で燕三条のものづくりを一堂に見ることができるのです!

テレビでもよく取り上げられることが多い話題の商品が目の前に!
見るだけではなく実際に手に取って、購入もできるのです。

真空チタンカップはその質感と持ちやすさにびっくり。朝10時に入れた氷が夜になってもほぼとけずに形をとどめている抜群の保冷&保温力に『ずっと使える一生もの』の言葉にも説得力があります

他にも包丁や大工道具、磨き屋シンジゲートで有名なプレミアムタンブラー、
玉川堂の鎚起銅器、マルナオのお箸やあの有名レストラン、ジョエル・ロブションと燕市のメーカーが
共同開発したステンレスカトラリーや柳宗理のカトラリーなど、どれも燕三条エリアで作られていたなんて!
ものづくりの魅力が盛りだくさんなのです。

プレミアムタンブラー

玉川堂の鎚起銅器

マルナオのお箸

ジョエル・ロブションと燕市のメーカーが共同開発したステンレスカトラリー

女性の方におすすめは意外に時間がかかる爪や角質のおお手入れグッズ体験コーナーです。
諏訪田製作所やマルト長谷川工作所のステンレス爪切りは切れ味がとても良く、思った形に切ることができます。

柄沢ヤスリの爪ヤスリとかかとヤスリは爪や角質のお手入れが短時間で滑らかな仕上がりに!

さらにお鍋や便利キッチングッズも充実していて、指さきトングは実際に使用感を確かめてみると、
とり箸よりも安定してつかむことができます。
アルミアイスクリームスプーンは、何と!カッチカチのアイスクリームも熱伝導のよいアルミでできていることで、
手の熱がつたわり、じんわりふわ〜とアイスをすくうことができるのです。

指さきトング

アルミアイスクリームスプーン

製品の展示販売の他には観光コンシェルジュによる観光案内や無線フリースポット完備の広い休憩スペース、
大型モニターでは観光情報の動画が見られます。

燕三条エリアの旅の情報を調べられるパソコンコーナー

至れり尽くせりの『燕三条Wing』。
居心地が良くて長居してしまいました。
ぜひ行って燕三条エリアのものづくりを感じてみてください。

《燕三条Wing 燕三条駅観光物産センター》
住  所 〒955-0093 新潟県三条市下須頃502-3 (JR燕三条駅 2階)
電  話 0256-34-7310
営業時間 10:00~ 18:30
休業 日 年末年始(12/30~1/1)
アクセス JR燕三条駅 2階
     車で三条・燕インターより約4分
ホームページ http://www.tsubamesanjo.jp/wing