パリッ! ツーン! が旨いんです


近年、弥彦やお隣の新潟市西蒲区のお土産として見かけるようになった「大根からし巻」。
もともとは西蒲区の巻地区で、田植え期のおかずとして作られていた家庭料理なのだそう。
大根を干して乾燥させ、からしを手巻きして甘辛い汁で漬け込んでおり、お土産物としてパッケージ販売されるようになったのは最近のことですが、巻地区では昔から親しまれてきた味だと言います。

温かいご飯にも、日本酒にもよく合います。弥彦のお土産物屋さんで販売されています

ひとくちかじると、パリッとした大根の食感の後に、ツーーーンと辛味が鼻を抜けます。このツーーーンが結構なパンチがあり、丸ごと口に入れてしまった私はちょっと悶えました(笑)。
お漬物なのにからしの風味が逃げていないのって、すごいですよね。新潟にはまだまだ、長く伝わる美味しいものがあるんだなぁとちょっと誇らしく思えた一品です。
最近では、ショウガやシソ、ニンニクなども一緒に巻き込んだアレンジ商品も増えているとか。
お漬物がお好きな方に、ぜひお試しいただきたいと思います。