食べなきゃ損! スイーツの枠を超えたオモシロ団子


みのやから歩いて数分のところにある三笠屋さん。
一見、ごくごく普通の昔ながらの風情の和菓子屋さんなんですが……。

みのやのある神社通り沿いにあります

一歩中に入ると、そこは常識の斜め上をいくオモシロ商品が目白押し! 今回は弥彦土産にも最適の、話題性十分なお団子&おこわをご紹介しましょう。

「きんぴらだんご」。懐かしい味付けのきんぴらがぎっしり。小ぶりですが、食べ応えあります

まずは一番人気だという「きんぴらだんご」。
もっちりとしたなめらかな餅生地の中には、甘めの味付けのきんぴらがしっかりと入っています。お菓子というよりはお茶請け、あるいはおかずやお酒のあてにもなりそう。小腹が減っている時のおやつにもってこいです。

「カレーだんご」。ちょっと綺麗に切れなくてゴメンなさい。でもお味は◎。これをおかずにご飯が食べられます

新商品で数量限定の「カレーだんご」。
新潟県はカレー粉の消費量が日本一なので、お団子にもカレーを合わせちゃうんですね。もはやおやつではないです。カレーには肉や野菜などの具もちゃんと入っており、中央にうずらの卵が収まっています。皮の甘みとほどよく調和するような辛さに整えてあり、「片手で頬ばれるカレー」といった感じです。

「しょうゆおこわ饅」。饅頭生地はほのかに甘く、おこわと合わせると甘じょっぱい味わいです

お次は「しょうゆおこわ饅」。
だんだん味の想像がつかなくなってきました。ふわっとした饅頭生地の中に醤油味のおこわが入っています。紅ショウガのアクセントが効いていて、お菓子から完全にご飯の域に入ってきましたね。おこわを饅頭生地で包むだけあり、結構ボリュームもあります。おこわの塩加減が絶妙で、甘いものの合間につい手が伸びる逸品です。

「笹おこわ しょうゆラーメン風」。笹を開けばそこに現れるのはまさしくラーメン(笑)!

さらに珍しいもの好きの方にはコレ!「笹おこわ しょうゆラーメン風」。
とうとう、ラーメンをおこわにしてしまいました。この型にとらわれない発想力! すごいですね(笑)。ラーメンスープ味のおこわに、うずらの卵、焼豚、メンマ、ナルト、ネギを添えてあります。冷凍で販売していますが、その場で食べると伝えれば温めてくれます。弥彦散策の合間に食べられる、携帯型ラーメンと言っても過言ではないです。

店内には賞状や有名人のサインなども。気さくなご主人がオススメを教えてくれます

手書きのポップがいい味を出していて、ついついあれもこれもと買ってしまいます

いずれも甘いものは苦手なんだよなぁという方に最適の変わり団子&おこわ。奇をてらったようでいて、計算された美味しさがまた高ポイント。
もちろん正統派の温泉饅頭やどら焼きも販売していますよ。ぜひ話のタネにお試しくださいね!