和雑貨&和カフェでほっこり和もう


明後日3月3日はひな祭りですね。
おひな様を飾られているお宅も多いのではないでしょうか? みのやでもつるし雛で皆様をお迎えしています。

エントランスに飾られたつるし雛。彩り豊かで華やかな気分になります

手作りの風合いが可愛いこのつるし雛、実は温泉街のお土産物屋さんで求めたものなんです。
今日はそのお店を紹介しましょう。

弥彦神社の鳥居の目の前にあるのですぐわかります

その名も和雑貨や弥彦名菓の土産物店「ひらしお」さんです。2階の和カフェ「社彩庵」とともに、いつもお客さんで賑わっています。
元々は弥彦神社の社家であり、「平塩(ひらしお)」姓は現在53代目を数える由緒ある家柄。その昔、アマノカゴヤマノミコトの命で人々に塩づくりを教える役割を与えられたことに由来するといいます。
おやひこさまの門前にしっくりとくる建物は、ドイツ人建築デザイナーのカール・ベンクス氏の手によって再生されたもの。嘉永2(1849)年に宮大工によって建てられた家が見事に生まれ変わり、趣のある心和むスポットとして地元の人はもちろん、観光客の皆様にも親しまれています。

1階「ひらしお」店内は、特に女性にオススメの手作り和雑貨がいっぱい。入り口すぐのお菓子や特産品が並べられたコーナーを進むと、吹き抜けを利用して立派なつるし雛が!

下から眺めるつるし雛。迫力があります

季節柄、お雛様のモチーフの作品が多く飾られています

古布のパッチワークに刺し子を施したバッグは手作りのぬくもりがあふれます

2階「社彩庵」は太い梁が特徴的。古民家を活かした風情ある店内はゆったりとくつろげます。おすすめは「ゴマのチーズケーキ」。しっかりとした重い生地で甘すぎず、チーズの風味を堪能できる逸品です。他にもあんみつや抹茶を使ったスイーツなどが人気です。

一見の価値がある梁。古民家ファンにもオススメです

「ゴマのチーズケーキ」。ほんのりゴマが香ります

おやひこさま詣でのついでにご利用くださいね。